Clotho の偶感録

個人用メモを世界に垂れ流す。

洗車した

まだ日曜の話してる……。


ボルボ 940 があまりにも汚くなってきたので洗車した。写真を見たところ,前回洗ったのは 5 月 14 日だった。
そこからキャンプに行って汚れ,すぐ梅雨だからやめとこっか……と放置し,梅雨ですこしホコリが落ち,暑いから洗いに行くと熱中症が心配だなーとか言っている間に雨染みが黄砂の時のような黄色を帯びてきた。
いくらシルバーメタリックとはいえ黄色がかってしまうとさすがに目立つ。

で,重い腰を上げたのだった。

洗車せずに 1 分で綺麗に見せる方法

ちなみになにも見た目をケアしなかったわけではなく,2 週間に 1 回くらいは,目立つところを拭くくらいはした。

わたしの車であるボルボ 940 エステートは上の写真で分かるとおりワゴンタイプである。
ワゴンの場合,もっとも汚れるのは後ろから見た面つまりリアゲートとなる。
クルマっておおむね,黒いところが黒くてメッキのところが光ってればなんとなく汚くは見えないものだ。

そんなわけで……。

この写真は前々回の洗車で,洗う前に撮った写真。
屋根の上の汚さに比べて,リアゲートの無塗装樹脂が黒く光っているのが分かると思う。
ナンバープレートの上と,リアバンパーの無塗装樹脂のところをたまーに濡れ雑巾で拭いただけである。

こんな感じに最低限拭いてやると,これでそこそこ見れるんだよなーあー暑いなー洗車めんどいなーというキモチがいや増すのであった。

オートバックスの洗車サービス

結局冒頭の写真にもどるんだけど,自分で洗わずにオートバックスに出した。

手洗い洗車サービス,撥水無しで。
予約しなかったので 2 時間位待つ羽目に。

携帯電話でオートバックスの担当者に呼び出され,クルマを預けて店内に戻り,ふと思いついてワックスコーナーへ。

洗った後なにもしないとあっという間にホコリまみれに戻ってしまう。
とはいえ,いつものごとく固形ワックスをかけてやると 3 時間コースになってしまう。

使える回数で割ると大して差が無いので高いワックス買っちゃうんだよね。ザイモールは額と手間の桁が違うから手を出さないけど。
真夏でさえなければ,固形ワックスの割にあまり気を使わないマンハッタンゴールドは,艶もすごいしそこそこ保つしで気に入って 1 回リピート買いしてる。今のが 2 缶め。

で,このまま夏の間ワックスかける気にならなさそうなのが今から目に見えてる。
さっと処理できる簡易コーティング剤で,前から気になっている物があったので購った。

洗車後のアフターケア

洗車終了後,クルマを受け取って家族を拾い,所用をこなしている間に駐車場に籠もってアフターケア。

自分で手洗いするときは黒色車用のコンパウンドを軽くかけるのでもっと綺麗なんだけど。
まーそれなり。

買ったコーティング剤がこれである。

一見高く見えるが,750 cc も入っていてスプレーボトルがバカでかい。
赤いマイクロファイバータオルが付いているけどこれはまーどうでもいいや。

スマートミストも気になってたんだけど,千円台ならともかくオートバックス価格だとブリリアントシャインディテイラーのコスパが際立つんだな。

さて。
霧吹きで車体に水を吹きかけ,ボディパネルの切れ目毎に一吹き (ボンネットは 2 吹き,屋根は 4 吹き) という感じで仕上げてみた。

これでだいたい 30 分。
どうかな。ちょっとは平滑性が増して綺麗に見えるんではなかろうか。

© 2017 Clotho Moirai.